拡大します。

シャープエッジ試験

シャープエッジテスター SET-50


シャープエッジテスターは家電製品、OA機器、医療機器から家庭日用品の金属部のバリや、鋭いエッジによる消費者の指の怪我防止判定に使用することが出来ます。
従来はバリの危険度の判定を、人間の指で官能的に判定していましたが、これをより客観的に判定できるよう設計されています。
テスターは被試験部のバリやエッジに一定のテンションを加える為に板バネを内蔵し、指を想定したアームがそれに固定されています。アームの稼動範囲を調整することで誰でも容易に一定のテンションを被試験部に押し当てて、そして一定距離を接触することが可能です。
次にアームの先端には、テープキットという人差指の指紋面の柔らかさを想定した試験用テープを取り付けます。
テープキットは3種類のテープが円柱状キャップの側面に貼り付けられて皮膚と肉を想定しています。これにより、指の硬さの個人差を無くし、標準化を規定しています。
テストはシャープエッジテスターのアームの先端に取り付けたテープキットを、一定のテションで一定の距離をバリやエッジに接触させます。
UL規格では、3層のテープの表側の2層が切れて3層目の黒色のテープが見えたら、そのバリやエッジは危険でありNGと判定されます。
但し、このNGの判定は業界により1層目のテープが切れたらNG扱いにするケースや、押し当てるテンションを厳しくして試験を行うケースも見受けられます。



仕 様

型 式 説 明 外 観
SET-50

テープキットは1個装着しているもののみです。

テープキットと一緒にご購入していただくことをお勧めします。


  • 校正証明書・試験成績書・トレサビリティー体系図を付けることもできます。
      (別途費用)
拡大します。
TC-3 テープキッド TC-3 は、プラスチックキャップの上に三層にテープが張られてある仕組みになっており、それは指の柔らかさの感覚に想定されております。
1箱40個入り

  • ※UL1439 では検知テープの No.1、No.2 に切断があれば、そのエッジは不合格と
      なります。
拡大します。
拡大します。
国内での実際の使用例として、複写機のカスタマーエンジニアの怪我防止の為に【一般社団法人ビジネス機器・情報システム産業協会 (JBMIA)】の技術委員会が、
  ガイドラインに採用しています。
【参考資料 番号:TR−20】 CEの怪我防止及び安全確保に向けての提言 〜複写機、デジタル複合機及びその類似機器〜