太陽光発電用多機能絶縁抵抗試験器

(新製品)

PV-ISOTEST

PV-ISOTEST
PV-ISOTEST(ピーブイ・アイソテストとお呼びください)は、
ストリング電圧DC1500Vの絶縁抵抗試験ができる太陽光発電用の測定器です。
JPEAガイドラインや国際規格IEC62446に記載のP-N間を短絡しない方法で自動的に測定を実施します。
また、ストリングの何枚目付近に地絡箇所があるかを探索する機能もあり、
不具合箇所を簡単に絞り込む事が可能です。
その他、絶縁被膜の悪化状態やモジュールのアース線の導通試験の機能も備わっています。
PV-ISOTEST接続イメージ

*1 “太陽光発電システム保守点検ガイドラインJM19Z001 ”2019年12月27日改訂版

*2 Grid connected photovoltaic system-Minimum requirements for system documentation, commissioning tests and inspection.

  Edition 1.0 2009-05(国際規格:系統連系形太陽光発電システム 受渡試験と目視試験および付属書類のための最小要求 )



特 徴

  • ストリング電圧1500Vでの絶縁抵抗試験が可能
  • ストリング中の何枚目で地絡が発生しているかの探索が可能
  • 太陽光発電システムに敷設されているアース線の導通抵抗試験が可能
  • 絶縁抵抗試験で誘電吸収比(DAR)及び正極指数(PI)で絶縁被膜の劣化状態が判断できます。
  • DMM(マルチメーター機能)によりAC電圧の漏れがモジュール電圧で測定可能。
  • 重量は1.2kgと、片手で持てる小型軽量サイズです。
  • IEC61010-1準拠の安全設計。