残留電圧試験機

残留電荷試験機

CDT-240


電子機器のACプラグを抜く際、電極部分に指先が触れると、 機器の残留電圧で感電をする恐れがあります。 電子機器の安全評価の「残留電圧試験」という名称でこの試験を行います。 「残留電圧試験」の測定方法は、JIS規格、IEC規格によって定められています。 CDT-240は規格に準拠して残留電圧を精度よく安全に測定ができる測定器です。


概要

  • 規格で定められた試験項目を数秒で完了します
  • IEC 61010、60065、および 60335 に記載されている、プラグ放電試験をするための測定開始時間及び規定電圧のプリセットが可能です。
  • 測定にはオシロスコープが不要で、オシロスコープによる目視よりも高精度な結果を得ることが可能。
  • ワンボタンで簡易測定動作が可能。

特徴

  • 高精度な測定結果
  • 正側、負側のピーク電圧を測定可能
  • マイコン制御により、ワンボタンの操作で簡単に各種設定が可能
  • LCDディスプレイに試験結果を表示
  • 最大定格テスト電流は8A、オプションで最大15A仕様の対応も可能
  • 人間工学的設計により安全性が高く、速やかな操作が可能です。
  • 製品開発評価、生産現場の検査工程、テストラボ等多くの現場で使用可能
  • 150mmからの落下試験に耐える筐体構造
  • 標準付属品:測定ケーブル、取扱説明書、ISO9001メーカ校正証明書
  • 1年間保証付


Compliance WEST社によるCDT-240の製品概要説明動画です



Compliance WEST社によるCDT-240を使用した残留電圧測定の実施動画です