残留電圧測定器

残留電圧測定器

CDT-240


電子機器、電化製品には電源からのノイズ対策のためにフィルターが内蔵されていますが 電源コードを外す際に、電源コードのピンに接触するとフィルターに蓄電された電圧で 感電する事があります。その蓄電された電圧はIEC/JIS規格により残留電圧試験を おこない、規定値以下である事が求められています。この残留電圧試験は、今まではオシロスコープを 使用し、手間をかけておこなってきましたが、CDT-240は各規格の設定がプリセットされており、 試験結果がディスプレイに表示され、オシロスコープが無くても簡単に試験ができる測定器です。


概要

  • IEC 61010、60065、60335,60950の設定がプリセットされています。
  • 測定結果はディスプレイに表示されます。
  • 波形ピークからの遅延時間、測定電圧の設定が可能
  • 試験印加電圧 AC100V〜240Vに対応
  • オプションで15A仕様を用意しています。(標準 8A)
  • セルフチェック機能により精度良い時間の測定が可能。
  • マルチコンセントが使用され海外仕様のプラグでも測定可能。

特徴

  • IEC60950で規定された複数の試験条件の切り替えが可能です。
  • 試験電圧はAC100V〜240V
  • 波形ピークからの遅延時間 0.5秒〜10.0秒 0.1秒STEPで変更可能
  • 測定電圧 30V〜388V 1VSTEPで変更可能
  • BNC出力端子からオシロスコープで波形の観察が可能
  • 小型で、設置場所を問いません(W:235 D:254 H:120 )
  • 製品開発、生産現場の検査工程、テストラボ等で使用可能
  • メーカーでの校正証明書を標準付属
  • 日本語の取説を付属
  • 1年間保証付

     *試験電圧印加用の電源は、別途ご用意して頂く必要がございます。

Compliance WEST社によるCDT-240の製品概要説明動画です



Compliance WEST社によるCDT-240を使用した残留電圧測定の実施動画です